スクラップブッキングのAcid free

Wrote by Roki Mar.2009

「時間について」にも書いたのですが、紙の質についてです。

最近、スクラップブッキングなんてクラフトが流行っていて、そこで「Acid freeの紙」が必須みたいに言われています。
そう、正しいんだけど…。長く保たせるためには、酸性紙は使わない方がいいにきまっています。
でもね、日本では酸性紙を探すほうが難しいって事、皆さんご存じない。
アメリカではいまだに酸性紙がでまわってるから、Acid Freeなんて古臭いことをいってるのであって、日本で作られた紙は特に注意する必要なんてないのです。
(もちろん、輸入paperについては注意する必要はあります)
そういう事情を知らずに「この紙はAcid Freeです」なんて書いてあるのは、形ばかり真似してる工作だなあと(失礼承知で)思います。

98年にアメリカにいた時(ああ、もう10年前になってしまった) スクラップブッキングは流行り始めていて、色々な紙を「使えるかなー」と試していたことを思い出します。

アメリカ、いまだにAcid paper全盛なんか??