大きな絵の切り方

Wrote by Roki Sep.2000

切り絵を始めて少し経った頃、路鬼の前に大きな疑問が立ちはだかりました。

でかい絵はどうやって切るんだ???
初心者用の切り絵の説明には「切る方向は常に一定で、紙を回して」なんて書いてあります。
えーっ、紙を回すって、でかい紙のいっぱい切るところがあるやつを、回してたら壊れちゃうーーー。
そうですよね。考えてみれば、紙を動かせる訳ないんです。
回して作ってると、回せる程度の大きさの絵しか作れないってことです。

今、路鬼はでかい絵もつくります。1メートルとか。
紙を動かさずに。
つまり「紙を回して切る」というのは、うそ だったんだぁーー*1
そう自分で気づいたとき、目からウロコでした。
気づいてからは、紙を動かさずに切る練習をしました。はい、結構すぐにできるようになります。
そして、回して切っていた時とは、違う方向の方が切りやすくなりました。今では紙を動かさずに、どの方向でも切ることができます。

と、ここで終わっては普通だよ。
路鬼が路鬼であるところ(と自分で思っている)は、ではどやって切るのが理論的に可能なのか、考えたことです。
さて、その説明には、沢山の図が必要です。これ、ちょっと後日ね。ちゃんと作りますから。
ヒントは、腕と掌と指のどれかを支持する支点として、関節の稼動できる方向には切れる、ということです。その際、丸い軸のナイフがいい。指で回転させられるから。

その後、姿勢が非常に大切だといいうことを知り、それを考慮してこなかった路鬼は、なんか変な癖がついていることも(ダンボールを切って)思い知りました。そして、これは全て、型紙の職人さんが親方にしこまれることなのだとも知りました。
おやかたー。ちょっとおそかったよー。(泣)

  1. 1: うそ、というのとはちょっと違う。初心者のうちは回して切るのが正解。それは「ナイフを一定の角度で保持する練習」だから。それが出来るようになってからなら、他の方向にも同じように切れるようになる。 []